佐渡、子供と楽しむ ~1日目~

1日目行程

■佐渡ヶ島へGO!

1-1.新幹線(大宮駅~新潟駅)
1-2.タクシー(新潟駅~佐渡汽船)
1-3.佐渡汽船(新潟港~両津港)

■佐渡ヶ島到着!

2-1.レンタカー(両津港~各所)
2-2.味いちば
2-3.みるくぽっと
2-4.ひまわり畑
2-5.尖閣湾
2-6.ホテル

今回の移動方法

1日目は、「新潟駅」 → 「タクシー」 → 「佐渡汽船」 → 「レンタカー」 → 「味いちば」 → 「みるくぽっと」 → 「ひまわり畑」 → 「尖閣湾」 → 「ホテル」 の順に周りました。

佐渡汽船乗り場

ちょっとしたお土産屋さんとちょっとした食事が出来るところがあります。いつも船内で食べることを楽しみにしているため、今回はお土産屋さんを見に行きました。

佐渡汽船の乗船を待つ間、子供たちがたらいに置かれた氷を触って遊んでいます。
佐渡汽船乗り場のスペースに氷が置いてありました。

いよいよカーフェリー

1等もしくは2等に乗る方がほとんどだと思います。2等は予約不要で乗れます。ただしジュータンで座席指定もありません。1等は全席指定となります。事前予約も可能です。イス席か大人一人が
寝られるだけのスペースが確保されたジュータン席のどちらかになります。

また、新しい「ときわ丸」には2等に親子優先席がありますので、子供がまだ赤ちゃんの時に利用しました。周りも同様のお子さんがいらっしゃる方々でしたので、ある意味気兼ねなく過ごすことができて、楽しい船内でした。

フェリーが船乗り場に停まっています
☆ 裏技 ☆

予約を忘れたりできなかった場合は、とりあえず2等で乗船しましょう。
混雑時は、皆さん一斉に席の確保に走ります。家族で手分けして、とりあえず席を確保に行くメンバーと真っ先に船内の受付に行くメンバーに分かれて行動します。

船内の受付でやることは、「1等のキャンセル待ち!」意外と1等が空くので、乗船後15分くらいすればお呼び出しがあり、1等へ移動できます。

航海中

しばらく乗船していると、何やら船外にみんな移動しています。何かと言うと、カモメ!船の近くを飛んでいます。そして、エサ(かっぱエビせん)を飛んできたカモメに投げてみましょう。
上手く行くと、パクッ!と食べてくれます。子供たちが楽しめるはず…ですが、いつの間にか大人が楽しみ、子供たちはエサ(かっぱえびせん)を欲しがります(笑)

かっぱえびせんが飛び交います

他にもちょっとしたゲームセンターや食事処があります。おすすめは、「岩海苔ラーメン」。セットではなく、単品で注文すると大量の岩海苔が!食べると海苔の香りが美味しく広がります。そうこうしていると、両津港に着きます。

岩のりラーメンとカツのセットです
岩のりラーメンとカツのセットです
船内の様子です
1等の様子です

ちなみにですが、初めて一緒に行った方のコメントです。
“2時間30分と聞いて長いかな?と思ったけど、楽しめて意外とすぐだった。船旅は良いね♪”でした。

佐渡島到着

両津港付近でレンタカーを借り、早速ドライブ開始!

≪味の市場≫→≪佐渡乳業(ミルクポット)≫→≪せんがくわん≫→≪ホテル≫の順に移動しました。

「佐渡の味いちば(佐渡海鮮市場 かもこ観光センター)」

まずは、近くの「味の市場」に立ち寄りました。ここではカキやサザエなどを食べることもできます。また、到着直後ではありますが、お土産も見ることができます。
※残念なことに、2018年末に閉店したとのこと。両津港からも近く楽しめましたし、大型バスも乗り入れていましたので、今後どこかが引き継いで再オープンしてくれることを望んでいます。

大きな生牡蠣です
厚みのあるカキでした!

みるく・ぽっと(佐渡乳業直売所)

みるく・ぽっとはこちら⇒https://sado-pon.com/spot/kn013/

味の市場から車で約15分ほどで到着します。ここでは、ソフトクリームを食べました。販売しているお店は小さいのですが毎回行くと沢山の車が停まっており、多くの方が並んでいる、人気スポットです。

ひまわり畑

佐渡にはいくつかのひまわり畑があります。みるくぽっとから尖閣湾に行く途中にもあったので、途中で立ち寄りました。ご存知ですか?ひまわりは太陽の方を向く、というのを聞いたことがある方もおられると思いますが、花が咲いたあとは、違います。東か西を向いて動かなくなるそうです。

そのため、こちらの写真のように太陽と反対を向いてそのままのひまわりたちがいるようです。知らなかったので、何か嫌なことがあったのかな?と一瞬思ってしましました。

ひまわり畑の写真ですが、ひまわりが全部反対を向いてます。
ひまわりは太陽と反対方向を向いています
ひまわりがたくさん咲いていて、奥には海が見えます
ひまわりと海が見える風景は最高です

国定公園 佐渡 尖閣湾揚島遊園

尖閣湾揚島遊園はこちら⇒http://ageshima.eek.jp/index.html

ここではかつてはシャーク号と呼ばれていた海中透視船に乗りました。今もその名前が付いているかは分かりませんでした。
ただ、この船乗り場に行くまでは少し歩きます。全て階段のため、ベビーカーで行くのは難しいです。
また洞窟の中を歩きますので、少し暗く足元も濡れているため、滑らないように注意が必要です。

透視船から戻る際に通る洞窟です
洞窟の中を通って海に出ます
海中透視船が停泊しています
海中透視船

ホテル大佐渡

ホテル大佐渡はこちら⇒http://www.oosado.com/

お風呂、夕食後 ホテルの方に水を入れたバケツを借り、駐車場で花火をしました。 花火は昼間の移動途中にあったスーパーで調達していました。基本的に火の元をちゃんとしていれば、佐渡ではどこでも花火が出来ます。

ホテル大佐渡の夕食です
ホテル大佐渡の夕食です

1日目のポイント

朝からの移動で子供たちは大分お疲れになります。そのため、ルートとして2・3か所を巡る程度にして、途中でちょっと寄れるところを用意しておく、くらいで十分です。
あとは、ホテルでゆっくり休ませてあげてください。

アバター

icchy-39

佐渡大使をしています。 佐渡に関する情報を中心に発信していき、少しでも佐渡に貢献できればと考えています。 初心者ですが、どうぞよろしくお願いします。

あわせて読みたい