佐渡のおすすめ海水浴場

二ツ亀海水浴場

住所:〒952-3205新潟県佐渡市鷲崎

二ツ亀を指しています。
亀に見えますよね?

二ツ亀海水浴場は、佐渡の一番北に位置する海水浴場です。透明度が高く、日本の快水浴場百選(環境省選定)にも選ばれています。海の満ち潮、引き潮によって特徴的な亀の島と陸続きになったり、離れたりします。時間等を調べて両方を見るのも面白いですね。途中、色々な地域までの距離と方向を示した標識があります。「ウラジオストク769km」「東京311km」のようにあります。そうするとどうしてもやってしまいますよね。見えるはずのない、表示されたその地域があっちの方にあるのだなぁとついつい見てしまいます。大体、見えるのは海・・・だけですけどね(笑)。

また、更衣室とシャワー室はあります。それから近くにホテルもありますが、駐車はそれほど広くなかったはずです。佐渡の端に位置するため、近くの大野亀(トビシマカンゾウの名所)や尖閣湾まで南に移動するなど、ほかにも寄る場所をいくつか用意しておくと良いかもしれません。


達者海水浴場

住所:〒952-2135新潟県佐渡市達者

達者海水浴場で遊んでいる人たち
ビーチサンダルを履いていないと熱くて歩けませんでした

達者海水浴場は、尖閣湾の近く(尖閣湾の一部?)にあります。佐渡の西側で遊んだ時は、良く立ち寄っています。水が綺麗なところでした。更衣室やシャワーもあったと思いますが、私自身はついでに寄ることばかりのため、ちゃんと泳いだことが1~2回くらいしかなく、あまり実際に利用したことがないですが、あったはずです。無かったらすみません。海水浴場としては、防波堤もあり、波も穏やかなため子供も楽しめると思います。ですが、少し進むと深くなるので、小学生以上だと安心ですね。


佐和田海水浴場

住所:〒952-1314新潟県佐渡市河原田本町

佐和田の海水浴場は、幼少期に一番行ったことがある佐渡の海水浴場でした。道路を挟んで2階建ての海の家があり、シャワーとロッカーが設置されており、建物の中で食事を取ることが出来ます。焼きそば、イカ焼き、サザエ、アイスにジュース。海で遊ぶ子供にとっては、それだけあれば十分です。今ならビールが飲みたくなりそうですね。

当時(約30年前)は、テトラポットの付くまで行くと結構深くて、小学生では全然足が届かなかった思い出があります。そしてテトラポットの間は、沖に向かって引き潮が強く、当時従兄弟のシャチ(浮き輪)が流されてしまい、途中まで追い掛けましたが溺れかけました。この世の終わりのような形相だったと思いますが、本当に必死で戻りました。。。

一昨年に久しぶりに佐和田の海に行きましたが、すごく綺麗に整備され、幼少期の記憶とはまた違った良い海水浴場になっていました。(大人になったため浅く感じたのか?が不明ですが)遠浅のため小さな子供も楽しめると思います。以前は、車は海沿いの道路に路駐でしたが、広めの駐車場も出来ていました。無料で約200台が駐車できるようですので、そちらをご利用すると良いですね。


素浜(そばま)海水浴場

住所:〒952-0602 新潟県佐渡市小比叡

そばま海水浴場で遊ぶ親子
大人も子供も楽しめる海水浴場です

小木にある海水浴場です。こちらは、子供も安心して泳げます。地元の人(人によるかもしれませんが)は、「すっぱま」という方もいらっしゃると思います。シャワーや着替えるところ、パラソル等の貸し出しや焼きそば、カレーライスなど食事も販売しているお店があります。また広い駐車場も無料であります。遠浅で島内最長の砂浜が続きます。4kmもあるそうで、実際に訪れると、確かに長いなぁと感じると思いますよ。また、キャンプ場も近くにあります。


城が浜海水浴場

住所:〒952-0705 新潟県佐渡市三川

城が浜海水浴場で遊ぶ子供たち
子供が安全に楽しめる海水浴場です

城が浜海水浴場は、赤泊にある白い砂浜の小さな子供でも楽しめる海水浴場です。サンライズ城が浜が隣接しています。波も穏やかで、小さな子供たちがたくさん遊んでいました。シャワーと更衣室もあります。透明度も高く、浅瀬もあるので、海にまだ慣れていない子や初めて海に入る子にもちょうど良いと思います。子供たちは、キャッキャッ楽しんでいました。

逆にしっかりと泳ぎたい大人には向いていません。海の家などはありませんので、飲み物や食べ物は持参して頂くか、事前に調べてどこかでご飯を食べる予定にしておいた方が良いかと思います。
サンライズ城が浜はこちら⇒http://www.akadomari.com/


新町海水浴場

住所:新潟県佐渡市真野新町

遠浅で、かなり奥の方まで行くことができます。小学生でも足が届く範囲が広く、基本的に波も穏やかですので安心です。また、良く見ると砂浜に近いところにも小さい魚を見ることができました。そのため、まだ海を怖がるような小さい子供とちょっとずつ覗いていくと、「おさかなさんいたね~」と喜んでいました。

少し奥に行けば、大人も十分泳げますし、何より比較的大きな魚の数がグッと増えますので、シュノーケリングと同じような感覚で泳げますので、大人も結構楽しめますよ。実は、ここの海水浴場で最近になってちゃんと泳ぎました。祖父母宅から近かったのですが、初めてでした。個人的には距離と海の綺麗さから気に入りました。ただ、海の家だけでなく、自動販売機もありません。毎日ではなさそうでしたが、16時頃までなら移動販売をしている車が2台ほどありました。

外に設置してあるシャワーと簡易的な男女別の更衣室(鍵あり)はありました。地元の海水浴場といった場所ではありますが、海の綺麗さと穏やかさなどから個人的には「佐渡っぽさ」を感じられて気に入りましたので、次回もまた行ってみたいと思える海が増えました。


海に行く時の持ち物

備忘録も兼ねて、海に持って行く持ち物をまとめています。砂浜は結構熱かったり、貝殻が落ちていたりするため、大人も子供もビーチサンダルは必須です。また、足を少し浸かる程度の場合、ビーチサンダルだと波で脱げてしまいますので、マリンシューズがおすすめです。

  • 水着
  • 帽子
  • 浮き輪
  • ゴーグル
  • タオル
  • マリンシューズ
  • レジャーシート
  • ビーチテント(ポップアップテント)
  • 日焼け止めクリーム
  • 飲み物
  • 濡れた物を入れる袋
  • 小銭(飲み物・シャワー・更衣室用)
佐渡の海開きと水温について

毎年、大体7月20日を少し過ぎた辺りのようです。小学生なら、夏休みが始まってから佐渡に行けば、ほとんどすぐに海に入れますね。7~8月の最高気温は35℃前後で、海水温度は約25~28℃になります。

アバター

icchy-39

佐渡大使をしています。 佐渡に関する情報を中心に発信していき、少しでも佐渡に貢献できればと考えています。 初心者ですが、どうぞよろしくお願いします。