意外!?佐渡にないもの

小木港にあるお土産屋さんにあった鬼のお面 佐渡について

佐渡にないものとは?

今回は、佐渡に“ないもの”について書いてみたいと思います。佐渡に関する記事を書くようになってから、佐渡にはこんなにも魅力的な場所や物事がたくさんあるのだな、と改めて新しい発見があって楽しんでいました。

ですが、しばらく経ち、ふと思ったのですよね。そう言えば、佐渡には何がないのだろうか??と。これもある、こんなのもある、とは書いていると何も不自由していないように思えますよね。でも、やっぱりそこは島。無いものもそりゃあ、ありますよ。

ということで、今回は佐渡にないものを特集してみたいと思います。2020年3月時点の情報です。

電車

まずは電車!ありません。明治から大正にかけて、鉄道を走らせる計画があったそうですが、結果として未成線となっているようです。

でも当時の名残からなのかは分かりませんが、バス停に〇〇駅前と付くところも残っています。その一つである「畑野駅前」を祖父母宅に行くときに利用したことがあります。

バス停の周りはこれといったお店などはありませんが、佐渡に到着した日だったので、佐渡の風景をボ~と楽しんでいました。

高速道路がない!?

ありません。完全に車社会ですが、高速道路はありません。佐渡の外周は約300キロですので、ランニングや自転車で一周しようと思うとキツイですよね。

ただ、島で普通に生活したり観光したりする中で、高速道路を求めたことはないので、必要性がないのかもしれませんね。

コンビニエンスストア

コンビニは佐渡にもあります!ですが、全国的に有名なコンビニとしては、ローソンのみです。なんとローソンのみなんです。

しかし、ローソンは、8件ほどあります。なぜにローソンだけ(笑)でも、からあげくんが食べられますので、からあげくん好きな方は問題ないですね。ウェルシアやマツモトキヨシはあるので、まあ実際のところ大丈夫ですね。

マクドナルド

マクドナルド、ありません。ずっと島にいたら、マックナゲットともマックシェイクも食べたことはないんです!そんな力強く言うことではないですけどね。。。

ただ、私の大好きなモスバーガーとミスタードーナツはあります。吉野家もあります。十分です。マックナゲット無くてもモスチーズバーガーがあれば十分です。

また、ガストやココスなどのファミレスもありません。ココ壱番屋もありません。スタバもありません。でも、タリーズはあるんです。それから蔦屋書店はあるのと今は、レンタル屋さんがなくても問題ないですけどね。

クラブ

ないです。どうしても踊りたくなったら、海辺で踊れば良いです。探せばプライベート感のある海沿いの場所もあるので、迷惑にならないように音楽かけて踊ればよいのです。もしくは大きく趣向を変えて、“能”を試したり、和太鼓を習うなども良いと思います。

また、毎年「アース・セレブレーション」というイベントが行われます。https://earthcelebration.jp/
海外からもたくさんの人が訪れる楽しい野外フェスティバルです。
タイミングがあえば、ぜひ参加してみてください。

ボウリング場

ないです。1件ありましたが、廃業してしまいました。雨が降ってしまった日などボーリング場があると助かりますよね。ただ、カラオケはあります。ビッグエコーとかね。

↑の「クラブ」のところでも書きましたが、プライベート感のある海沿いなら思いっきり歌っても良いので、自然の中のカラオケが実は気持ち良いかもしれません。

・・・私は歌が下手なので、自然の中でもカラオケでもどちらでも歌いませんので、分かった体でここは書いています。

ゴルフ場

あります。あるんですゴルフ場。しかも二つも!「ときの郷ゴルフクラブ」は18ホールの本コースとなり、桜山カントリークラブは、ショートコースになります。

どちらも景色は良いですし、気持ちが良い場所です。子供が大きくなって、あまり親と一緒に行動しない、となったくらいにあえて一緒にショートコースやってみるとかだと面白いかもしれませんね。

セルフのガソリンスタンド

実は、3つくらいありました。ただ、ガソリンスタンドはどこでも出来たり潰れてしまったりしているので、タイムリーな情報が必要な場合はご自身で調べていただければと思いますが、あるのはあります。島のため、どうしても仕方ないですが、少しガソリン代は高いです。

病院が少ない

佐渡総合病院と佐渡市立両津病院という比較的大きな病院がありますが、正直ここくらいで、あとは本当に町医者や診療所がいくつかあるくらいになります。まずは病気にならないことが大事ですね。そして、ケガにも十分気を付けてもらえればと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?意外だったり予想通りだったりしたかもしれませんね。経営はそんなあまくないと思いますが、レトロな電車が海沿いを走ったらすごく人気が出そうですけど、簡単なことではないですし、利用者がいなかったら継続することは難しいですからね。

やはり島でも、ある程度の利便性は求めたいですが、あくまで古くからの風景と自然を残しつつ、心穏やかに過ごせるのが良いのでしょうね。

みなさんも訪れた際は、これはあるんだ!でもこれはないんだね!と無いことも楽しんでいただけたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました